結婚式あるある 気になる日記



最近では、最短1ヵ月の準備期間でも結婚式ができます、なんて言いますが

最近では、最短1ヵ月の準備期間でも結婚式ができます、なんて言いますが、式場との打ち合わせも1度や2度でもありませんし、挙式までの日数が少ないと焦ってしまって大切な「晴れの日」が後悔の1日になってしまいますよ。

チャペルの挙式に「お越しくだされば幸いです」と記載あるなら、参加OKです。むしろ積極的に参加してするべきと一般的には解釈するケースです。参列されたら困る様な時にその様な記載はしません。ぜひ参列されて、華を添えて上げてください。

披露宴で新婦の手紙など定番物は形式的なものと思っているので、良し。最近は「人前でやる必要ある?」と思ってますが…花束贈呈は最後の退場の際に写真が華やぐので、その意味でありだと思ってます。それ以外の、身内サプライズはなし。なんで2人きりのときにやらないんでしょうね?

スマ婚は確かに自己負担はかなり少なく済みますが、最低ランクでほとんど選択肢がありません。全体的に貧相な披露宴に招待するのは大変失礼です。ご友人からもどう思われるかわかりません。

親だけ、親戚だけ、特に仲のいい友達まで・・。結婚式にどこまで呼ぶかは人それぞれだとは思いますが、せっかく集まって下さるのですから、披露宴とまではいかなくとも、簡単なお食事会くらいあったほうが良いですよ。

結婚情報誌やネット、式場の資料ではなんとなくのイメージしかわからいものが多いです。写真で見るのと実際に見るのでは全然違う式場もあります。

結婚が決まったら、まず、結婚情報誌やウェディングサイトでいくつか式場をピックアップして、資料請求をする。最近ではサイトごとでオリジナル特典を用意していたりするので、どこのサイトを使うかで、もらえる特典は違ってきます。

「Relie(レリィ)」というサイトは最大で10万円もらえるようで、ゼクシィから予約してもメリットはないので、こういったサイトで予約したほうがお得ですね。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!